インプラントとは?

インプラントというと、多くの方は歯科用のインプラントを思い浮かべるのではないかと思います。
しかし、実はインプラントの定義は、人工的に作成したものを身体に埋め込むことを指しています。
そのため、ペースメーカーや人工関節なども、インプラントと言うのです。
近年では、歯科用インプラントが一般的になってきたために、インプラントと言うと一般的に歯科用のインプラントを指すようになったのです。

さて、この歯科用インプラントは、虫歯や事故などで失われた歯の部分に対して、人工の歯を埋め込むことで本来の機能や見た目を取り戻すためのものです。
入れ歯や差し歯などと違って、顎の骨に直接、人工歯根と呼ばれるネジを差し込んで固定するため、他の歯に負担をかけたり、咀嚼能力が落ちたり、見た目が悪くなったりするということはありません。
見た目に関しては、周囲の歯に合わせて色や形を変化させることも可能ですので、一見してインプラントだとはわからないというのも大きなメリットのひとつです。

お住まいの街を探せば、インプラントに対応している歯医者はたくさん見つかるため、気軽にできるものだと思われますが、前述したように顎の骨に人工歯根を埋め込む必要があるため、そのための手術が必要となり、完成までにも時間がかかります。
また、健康保険も適用しないため、どうしても高額な治療費が必要となります。
ですから、インプラントを行う前には、そのメリットとデメリットをよく考えた上で、本当にインプラントをしたいのかということを決めることが大切なのです。
ここでは、インプラントのメリットとデメリットのご紹介、そしてそれらをふまえた上でのクリニックの選び方についてご紹介します。
インプラントを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2014 インプラントのメリットデメリットを知ろう All Rights Reserved.